電話:082-256-4141
受付時間:月曜-土曜 10:00-22:00
日曜・祝日 10:00-19:00
お問い合わせ

浪人塾

広島市で大学受験指導を行っているファミリーでリーズナブルな予備校

通常コース

国公立大学、難関私大(関関同立等)の合格を目指します。

浪人塾の優れたシステムに乗っていただき
のびしろ日本一
センター200点 アップ/900
の実現をお約束いたします。

第1話 センター試験への戦略

水準

* この差 となる点数アップのための勉強を、強烈に推し進めます。

* この際、得意・不得意は関係なし、入試では趣味に走らぬよう自制せねばなりません。

* また 1つの教科について30分でもよいから 週3回は勉強の時間をつくりましょう。

 

 英語は

英文法、英単語、英文読解のマスターだけではいくら勉強しても英語の自信にはつながりません。
音読と、生きた文法・単語を成熟させることのみ、英語の自信をつけることができるのです。

 数学IA・IIBは

問題を多く解けば、それだけ数学ができるようになるというのは単純な考え方です。
凡事徹底が数学のコツ。本当の数学の実力につながる勉強法を実行することです。

 現国は

五択→二択はコツをのみ込めば誰でもできます。(ここまでで現国50点/100点)
二択→答えには本文との照合が必要です。見せかけに騙されぬ慣れが必要です。

 古典は

古典が好きな人は別ですが、努力しても点が上がりにくいと言われます。
早くから取り組むことで効果を大きくできます。

 漢文は

基本だけで高得点が取れるので、好き嫌いを言ってはいけません。何が何でも40点/50点。

 

 

2次試験への戦略

2次試験強化

数学 見出し
人は、発想の入り口では直観を好み、慣れると整理されてエレガントなものを好むようになります。    
(記述試験に対応するには、理解する順を教えてもらう必要があります。
これは裏技を先に学ぶことはできないなどの意味です)
finder_eng

最近の受験は何と言っても、長文読解力が中心となります。
それはすぐ始まる大学生活で、文献の読み込みが精神活動の中心となるから当然です。           
一方、日常生活の英語コミュニケーション能力がますます要求されて来ます。
(また、リスニングや英作文は、スポーツのように体得するものです)

finder_science

模範になるものを思考実験としてしっかり身につけ、その奥深くにある法則を再認識させます。       
物理、化学、生物のどれか一つを好きにならねば、戦いに勝つのは難しいです。

finder_history

人物による切り口、事件による切り口、時の流れとしての切り口によって、様々な歴史が存在します。   
その人の相性に応じた切り口で歴史を大切に教えます。